日本共産党岩見沢市議団
政策・提案一覧

日本共産党岩見沢市委員会と上田議員、

 

「雇用・生活対策の具体的取り組みを求める要望書」を提出

 

日本共産党岩見沢市委員会と上田ひさし・日本共産党岩見沢市会議員は、2月18日、「雇用・生活対策の具体的取り組みを求める要望書」を市に対して行いました。

 

2009年2月18日


岩見沢市長 渡辺孝一 様


日本共産党岩見沢市委員会
日本共産党岩見沢市会議員 
上田 久司


雇用・生活対策の具体的取り組みを求める要望書


 深刻な雇用状況は市民生活に大きな影響をあたえています。


 ハローワークにも連日たくさんの人が通っている状況です。

 政府は、地域活性化・生活対策臨時交付金、緊急雇用創出事業、ふるさと雇用再生特別交付金など、雇用や生活に対する対応をはかることにしました。


 全道各地で、こうした事業予算を活用しながら、住民への支援を行い始めました。


 岩見沢市としても、新年度予算説明においては、1億9000万円程度の雇用対策を予定しているところです。しかし、まだ全容が示されていません。


 私たちは、住民から聞いた実態をふまえ、下記のとおりの活用を求め、要望いたします。ぜひ積極的な対応を期待します。


 

詳しくは、こちらをご覧ください ⇒ 雇用・生活対策の具体的取り組みを求める要望書 (PDF、10KB)

プリンタ出力用画面 友達に伝える