日本共産党岩見沢市議団
政策・提案一覧

    社会教育

1.       若者の健全育成、スポーツ振興のうえからも、スケボー施設の建設を早急に行うこと。

2.       市立図書館の図書購入費を大幅に増やすこと。

3.       市立図書館での事業を拡充するうえからも、職員を増やし、司書職員の大幅増員を図ること。

4.       ★市立図書館で、障がい者へのサービスとして宅配などを工夫して行うこと。

5.       勤労青少年ホーム及び働く婦人の家、婦人会館の開催日については、現利用者以外にもアンケートを実施し、利用希望実態を把握し、日・祝日の開館を検討すること。

6.       郷土科学館の入館料を、児童については学校行事以外のときも無料にすること。

 

    国への働きかけ

1.     ★石油製品の価格引下げをもとめること。

2.     ★後期高齢者医療制度の見直し、撤回をもとめること。

3.     生活保護世帯の母子加算、老齢加算を元に戻させること。級地見直しは、今の実態より改善をさせること。冬期加算は実態にあわせて増額させること。

4.     ★生活保護基準の引き下げを行われないよう働きかけること。

5.     ★国民健康保険への国庫負担を元に戻すよう働きかけること。

6.     介護保険法の改悪により、電動ベッドや電動車イスの利用ができなくなることのないように、支給基準の緩和を図らせること。

7.     介護度の低い人を画一的に、予防給付にまわさないよう、基準を見直させること。

8.     障害者自立支援法を見直させ、真に障がい者が自立できるよう、負担の軽減を求めること。

9.     ★医師、看護師不足への対応をはかるようもとめること。

10.  ★地方交付税の削減に反対し、総額確保を図るよう引き続き取り組むこと。

11.  品目横断的経営安定対策を見直させ、農業をやりたい農家が意欲を持って農業をできるように働きかけること。

12.  ★米価暴落に対しての対策を講じるよう働きかけること。

13.  ★農地水環境対策事業について、事務が煩雑になり農家が大変になることから改善をはかるよう求めること。

14.  季節労働者の雇用対策と、雇用保険の特例一時金の廃止、または改悪をやめさせること。

15.  ゆきとどいた教育を実現できるよう、少人数学級の実現をさせること。

16.  ★改悪教育基本法の見直しをもとめること。

17.  ★各種税制の改悪により、国民生活は破壊しようとしている実態を国に伝え、税制の改善を引続き求めること。

18.  ★非核平和日本宣言を国として行うよう働きかけること。

19.  ★原爆症認定制度の抜本的改善をもとめること。

20.  ★新テロ特措法の設置をやめさせること。

 

プリンタ出力用画面 友達に伝える