日本共産党岩見沢市議団
政策・提案一覧

 

2008年2月5日

北海道知事 高橋はるみ 様

 

日本共産党南空知地区委員会 委員長 前川 一夫

同 北空知・留萌地区委員会 委員長 女鹿  武

 

 

原油価格高騰、免税軽油、夕張の独居高齢者対策等に関する申し入れ

 

 

 原油価格の高騰は、住民生活はもちろん、福祉施設、業者、農家などにも大きな影響をあたえています。特に空知は農業を基幹産業としており、その影響は深刻です。

 

また、財政再建団体となった夕張の問題も深刻で、孤独死などが増えてきています。

 

こうしたことから道としても、いっそう厳しさの増す国民の暮らし、農業、中小企業の営業を守るため、次の点について緊急措置および抜本対策を行うよう強く申し入れます。

 

 

 

1.  原油価格高騰で深刻な運営に追い込まれている、花卉農家をはじめとしたハウス栽培農家に対しての支援を行うこと。

 

2.  農業用免税軽油を、花卉・イチゴなどのハウス農家の除雪など冬期間にも認めること。
また、天候・土壌・機械の大型化などに伴う免税軽油不足時に、追加申請できることの周知徹底をはかること。
あわせて免税軽油申請の事務手続きの簡素化をはかること。さらに、農業用機械などで使用するガソリンの免税を国に要請すること。

 

3.  夕張市における総合支援策強めること

     独死も発生している。独居高齢者などを対象に、くらしの総点検を行い、支援策を講じること。

 

     老人福祉会館は、市民・高齢者の憩いの場となっている。道としても存続のために支援を行うこと。

 

     老朽化で危険な住宅を壊す予算の確保について、国と道が一緒に対応をはかること。地域の雇用拡大につなげること。

 

     一棟にわずかな世帯しか入居していない市営住宅について、集積化と改修、引越し費用の援助などを行うこと。

 

 

プリンタ出力用画面 友達に伝える