日本共産党岩見沢市議団
調査報告一覧

2007.11.13〜15 日本共産党市議団視察報告

 

     埼玉県坂戸市

     いきいきハウスにぎやか

     元気な高齢者・障害者の方がおしゃべりをしたり、趣味を楽しみながら家庭のようにゆったりすごせる「楽しい憩いの場」

     NPO法人として運営

     中学校の空き教室を利用

     200012月に立ち上げ、20029月にNPO設立

     きっかけは孤独死をする人が多くなったこと

     利用会員は現在106

     利用料は一日500円、食事400

     お年寄りが、楽しく過ごしていることを実感しました

 

     環境政策 

○環境学館いずみ環境学館いずみ前で

     いずみは平成1411月オープン

     建設費 約1億円

     講座を80回以上行い、600人から700人が参加

 (写真は右から上田、山田、美唄の長谷川、吉岡)

 

○環境教育プログラム

     環境部が教育委員会と連携をはかって取り組んでいる

     小学生用、中学生用メニューがあり、それぞれの年齢に応じて取り組めるような内容を検討している

     牛乳パックではがきを作ったり、せっけんをつくったりの実践と、ビデオなどによる学習などのプログラムがある

 

   ○エコショップ認定制度

     消費者と事業所、市が一帯となって減量、リサイクルを促進

 

   ○その他

     環境木穂に計画の策定

     ごみ分別にあたっては186回説明会を行った

     剪定した枝をチップ化するための機械の貸し出し

     環境への取り組みが全庁的に行われており、取り組みの意気込みが感じられた

 

     愛知県豊明市

     有期循環推進事業 沓掛堆肥センター(エコンポとよあけ)

     コストだけで見ると、燃やしたり埋めたりしたほうが安いが、環境問題などを考えるとコストだけでは見れない

     平成11年から堆肥化事業をすすめる

     現在5000世帯の区域が対象、半分くらいの世帯で協力

     平成18年で83トンの生ゴミを回収し、58トンのエコ堆肥

     その堆肥を使って野菜などをつくる。循環型社会へ

     20リットルの堆肥を200円で販売。知的障害者施設でも販売されている

     環境を考えた取り組みとして、すすめられていた

 

     栃木県鹿沼市

     3子対策事業

     平成17年、人口増対策支援として取り組まれた

     子育て、結婚、定住、健康の4本柱で取り組まれた。

     平成18年度から第3子対策が取り組まれ、5つの柱となった

     妊婦健診、これまで、国の補助2回、市で5回、計7回の補助。国が5回補助する予定なので計10回の補助とする

     保育料減額

     インフルエンザ予防接種助成

     3子家庭給付金、第3子就学給付金

     子育てにやさしいまちづくり条例をつくる

     子育てを、若者定住という立場にたって推進している

 

     まちの駅

     「まちの駅」とは、たくさんの人があつまり、人と人が出会い、地域のいろいろな情報を得られる、市民主体のまちづくりの拠点

     中心街のジャスコ撤退で、その跡地が10数年そのままになっていた

     市が買い取り、新しい街づくりの拠点として位置付ける

     そこに、まちの駅も「道の駅」のような位置付けで行う

     どこでも大変になっている、中心市街地の活性化として今後の取り組みが注目される

 

プリンタ出力用画面 友達に伝える