日本共産党岩見沢市議団

山田やすひろのBlog
『聞いて聞かせて』

山田やすひろ140

最近の投稿
最近のコメント
月別過去ログ
カテゴリ一覧

2012年11月9日(金曜日)

神奈川秦野市視察

カテゴリー: - yasuhiro @ 18時01分31秒


神奈川秦野市を視察しました。


 乗合タクシーの取り組み


秦野市は人口15万人以上にもかかわらず民間バス会社は利用者減少から赤字経営が続き補助金の増額の要請や路線廃止の状況のなかで秦野市は低コストで住民の移動手段の確保のために、民間タクシー会社と提携して定員10人の乗合タクシーを運行しています。仕組みとしては路線固定型とデマンド型で地域と綿密な連携をして気軽に利用できる取り組みをしています。中心街の商店街、病院、公共施設などに向かうコースを設定し停留所を数多く地域に設置し住民の足としての役割を担っています。デマンド型では事前登録が必要ですが、簡単に申し込みができます。利用の際は遅くとも30分前までに予約すると近くの停留所にタクシーが来ます。往復や複数人数で利用すると割引があります。300円になりますが、ちなみに地域のタクシーの初乗り運賃は710円です。今後の課題は利用者が少ないので民間タクシー会社では採算があわず市の補助が必要な事と停留場の設置にも工夫が求められます。


2012年11月3日(土曜日)

伊万里市視察

カテゴリー: - yasuhiro @ 17時34分03秒


民生常任委員会で佐賀県伊万里市の生ごみ堆肥化を視察


 市議会議員 山田靖廣


民生常任委員会は「生ごみを宝に」を合言葉にして取り組みをしている伊万里市のNPO法人・伊万里はちがめプランを視察しました。


 平成4年から市民らが生ごみの堆肥化でごみ減量化・資源循環型社会構築などをめざし調査、研究を開始しすでに20年を経過しています。

 市民との協力も得て平成12年に「生ごみ堆肥化実験プラント」が完成し市の政策への提言も含めて本格的にスタートしました。現在は一般市民の参加は250戸(生ごみステーション27か所)、事業所は71か所(医院・保育所・食品関連)です。一日に2トンを集め良質の堆肥を約100日かけて作っています。生ごみは有料で集めています。市民は500円程度からで、事業者は量により差があります。参加している市民や事業者はかなり堆肥化に意識が高くないと参加していないようです。

**はちがめ・カブトガニの地域での通称です

*:写真は堆肥を切り返す機械の前です。


18 queries. 0.055 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress